手足のむくみと病気

むくみ(浮腫)が起こる病気としては、血液の循環を調節している心臓の働きが低下し(心不全)、毛細血管の血液が正常に心臓に戻れない場合、毛細血管の圧が上昇して血管の中の水分が外ににじみ出て むくみ が生じます。

心臓は全身の血液の循環を調節していますから、心不全の時には全身に むくみ が現れます。一方、例えば足や手の静脈が何等かの原因で詰まったとします。当然、静脈に流れ込む毛細血管の圧が上昇し、静脈の詰まった足や手だけ むくむ ことになります。

腎臓の 病気 と むくみ。

腎臓は体の老廃物を排泄する大切な働きをします。しかし、急性腎炎の病気にかかると体内にナトリウムがたまってしまい尿の量が減り、顔のむくみにつながってしまいます。

腎臓は食事を改善することでよくなる場合がほとんどです。

腎臓によい食事療法を学びたいならこちらがおすすめです。


腎不全治療・食事療法プログラム

肝臓の 病気 と むくみ。

ネフローゼの症状(尿にタンパク質がたくさんもれる)や肝硬変(肝臓でタンパク質の産生が低下する)がある場合には、血液の浸透圧が下がってしまい皮膚の下の組織に水分がたまって、身体全身の むくみ が起きてしまいます。

B型肝炎・C型肝炎などの病気が進行して肝硬変の場合、肝臓に流れ込む門脈という静脈の圧が上昇し、血清の浸透圧が下ってしまい特にお腹に水が貯まる腹水や むくみ になりやすくなります。

肝臓はお酒を飲むと弱くなることが多いのですが、サプリメントを摂取するだけでかなり改善する場合があります。肝臓の機能を改善したいならこちらがおすすめです。

田七人参サプリメント


甲状腺の 病気 と むくみ。

甲状腺のホルモンが不足して起こってしまう甲状腺機能低下症の場合には、指で押してもへこまない むくみ が起こって粘液水腫といわれる状態につなかってしまいます。

また老人に以外に多い病気の静脈瘤は、血管の中のタンパク質の濃度が低下する病気で立ち仕事をするとたちまち足が むくみ ます。

その他、毛細血管がタンパク質や水分を通しやすくなるような病気としては、糖尿病や膠原病などがあります。

また、原因は不明で特発性のむくみ ですがこのような むくみ を示す場合があります。

まずは血糖値を下げるように食事から見直したほうがよいでしょう。

糖尿病の食事療法ならこちらがおすすめです。


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

このように、むくみと病気は直結している可能性があります。

手軽に出来る瞬間むくみ解消法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。