足のむくみ原因・病気とは?

足のむくみの原因は、立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢を維持した場合に全身の血行が悪くなり、更に重力によって不要な水分が下半身に溜まることで起こります。
一定の姿勢、更には重力の影響により一定の場所に水分が溜まるという原因は、足のむくみだけでなく、顔のむくみの場合も同じであることをご理解ください。また足のむくみの場合には、圧迫感のある下着を着けることで、血行が妨げられ体の血流が効率良く流れず、足のむくみの原因になることもありますのでご注意ください。

ちなみに「むくみ」の原因は、前述した様な、一時的な血行不良による起こる場合と、病気が原因の場合があります。病気が原因で足のむくみが起こる場合には、ビタミンB1欠乏症(脚気)や、ガンにより、足に腫瘍が出来ることなどが挙げられます。

腫瘍によって血流がふさがれて血行が悪くなり、足のむくみが起こるのです。足のむくみがいつまでも取れない、押しても戻らない、または疲労がなかなか取れない等の症状がある場合には、病気が原因である可能性もあるので医師の治療を受けることをおすすめします。

手軽に出来る瞬間むくみ解消法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。