むくみ解消するために食事対策をしましょう

むくみと食事との関係は大切です。むくみに効果的な成分は、

・タンパク質。

低タンパク血症になると、細胞の外へ水分が移動するため、むくみの原因になります。タンパク質は小豆などに含まれます。

・ ビタミンB群。

ビタミンBは新陳代謝に働くビタミンです。特にビタミンB6は、タンパク質の代謝にも関わるので不足しずきると、タンパク質がスムーズに合成されずむくみの症状が出ると言われています。

ビタミンB1は、胚芽米や玄米、豚肉、うなぎ、大豆・大豆加工品など。
ビタミンB2は、レバー類、チーズ、納豆、うなぎなど。

ビタミンB6は、牛レバー、カツオ、マグロ、サケなどに含まれています。

・カリウム・マグネシウム。

カリウムは、ナトリウムとバランスをとり余分な塩分を尿として排出する働きがあります。マグネシウムもビタミンB群と同様に不足するとむくみの原因なる事があります。

カリウムは、りんご、スイカ、バナナ、ジャガイモ。

マグネシウムは、のり、わかめ、アーモンド、大豆などに多く含まれています。

・クエン酸。

クエン酸は、体内の新陳代謝を活発にし血液やリンパ液の流れを良くします。

梅干、レモン、グレープフルーツ、リンゴ、お酢などに多く含まれます。

・サポニン。

サポニンにも利尿作用があり、古くからむくみの薬として知られています。
サポニンは、小豆の他、大豆や黒豆、ピーナッツ、インゲンなどに多く含まれています。

このほかにもむくみには、ビタミンEや鉄分、カルシウムなど様々な栄養素が関わっています。

普段から塩分の取りすぎに注意し、これらの栄養を取れる正しい食生活を心がけ、むくみを解消するための食事をしましょう。
これらの成分をサプリメントなどで摂取する場合、薬との飲み合わせが悪かったりすることもありますので、病気で薬を飲んでいる人などは、かかりつけの医師と相談してください。

このように食事を気をつけるだけでも全然違います。

手軽に出来る瞬間むくみ解消法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。